インテリア・内装工事

カーテンを中心にしたインテリア。
壁・床仕上げ、モールディング、照明器具などと合わせ、トータルでコーディネイトします。
インテリアをリニューアルし、よりおしゃれで快適な室内空間を目指します。

インテリアのイメージを大きく左右する5つの構成要

インテリアの構成要素で重要なものは、家具・調度品を除くと大きく分けて五つです。

カーテン・ブラインドなどのウィンドウトリートメント

詳細はこちら

壁紙・塗装等の壁仕上げ

詳細はこちら

面の接点・開口部廻りに取り付けるモールディング

詳細はこちら

演出効果の高い照明器具

詳細はこちら

カーペット・フローリングなどの床材

詳細はこちら

 ウィンドウトリートメント イメージ

カーテン・ブラインドなどのウィンドウトリートメント

インテリアの要がカーテンなどのウィンドウトリートメントです。壁仕上げや家具などに印象的なものを選んでいれば別ですか、部屋に入って一番最初に目に入るのがカーテンです。その印象で部屋のイメージの大半を形作ってしまいます。逆に考えれば、カーテンで部屋のイメージを決められるとも言えます。

新築・リフォーム等を計画する時に『シンプルモダン』『プレーンナチュラル』『クラッシックエレガント』など、インテリアイメージの方向性をまずカーテンで固めてから、壁紙・床・照明などへと展開していくと、より素敵なインテリアがてきます。
建築業者のスケジュールにのっていくと、“最後にカーテン” となってしまうことが多いので、他のインテリアエレメントに合せた選択になり、無難なものあるいは本来のイメージと違うものを選ぶしかなくなってしまうのです。インテリアの中で最も表現力が豊かなカーテンを最後に選ぶのは、本末転倒といえるのではないでしょうか。

カーテンを中心にしてインテリア計画を進めることで、より快適で、毎日の生活が楽しくなる部屋作りができます。

 白線

壁紙・塗装等の壁仕上げ

カーテンと並んでよく視野に入るのが、壁仕上げに多く用いられている壁紙です。一般的には落ち着いた明るめのプレーンなものがよく選ばれています。面積も大きいので無難なものになりがちです。でも、インテリア全体を計画的にコーディネートすれば、強めの色柄ある壁紙を使っても、よりお洒落で素敵な空間にすることができます。

カーテン・床仕上げ材や家具・照明器具などと合わせて、事前にしっかり検討・コーディネートしておけば、ちょっと派手かなと思うようなものや大胆な色柄の壁紙でも、『ちぐはぐだった』『失敗した』などと思うことなく、オリジナリティがありながら調和のとれた、美しいインテリアに仕上げられます。

 壁仕上げイメージ
 白線
モールディング イメージ

面の接点・開口部廻りに取り付けるモールディング

ホテルや商業施設などでよく見かけるモールディング。お洒落な空間に欠かせないアイテムです。モールディングがあるとないとでは大違い。これだけでお部屋のイメージがワンランクアップします。

“大げさ” “仰々しい” といった印象もあるかもしれませんが、壁紙やファブリックなど他のインテリアエレメントとコーディネートして施工すれば、モールディングだけが目立って浮き上がるということはなく、インテリア全体の調和がとれてとシックリと収まるものです。

ポリウレタン製のモールディングは軽くて施工性にも優れているので、施工にもそんなに多くの時間はかかりません。巾木・廻り縁の取替え程度であれば、壁紙貼り替えのときの “プラス1日” 程度で施工できます。

 白線

演出効果の高い照明器具

ペンダント・シャンデリアやブラケット(壁付け)などの照明器具は、天井に直接つけるシーリングライトに比べ、視野に入ることが多く、インテリアのイメージを大きく左右します。ファッションに例えると “靴” “バッグ” に相当する要になるインテリアエレメントです。演出効果の高い照明器具はお部屋のイメージアップに大きく貢献します。

一般的には明るさや光の色・機能は押さえた上で、他のインテリアエレメントと調和し、なるべくデザイン性の高い器具を選んでいますが、他のインテリアエレメントと違い、ブラックなどの強いカラーや輝くようなシャンデリアを選んでも、インテリア全体の中では相対的に小さいので、アクセント的に用いることができるのが照明器具です。

また、スタンドライト、ダウンライトや間接照明は効果的に配置することにより、光そのものでインテリアを演出することができます。

 照明器具 イメージ
 白線
 カーペット イメージ

カーペット・フローリングなどの床材

清潔感があり、掃除メンテナンスが容易なフローリングの床が主流になっていますが、カーペットのソフトな歩行感・滑りにくさ・繊維の持つ暖かさも捨てがたい魅力です。

すべての床がフローリングでなくても、ラグマットやピースカーペットをインテリアの一部に取り入れて、アクセント・ポイントにしたり、部屋単位でカーペットにすることも検討してみてはいかがでしょうか。畳みの床と同様に、ホッと一息つける空間になります。

住宅でよく使われるカーペットは “ロールカーペット” と呼ばれ、一枚の大きなサイズから部屋に合わせて敷き詰めますが、最近では商業施設などでよく使われている50cm角程度の大きさの “タイルカーペット” も普及してきました。色柄のバリエーションが豊富で、汚れた部分だけ取替えられる、施工性が良い、材料の廃棄ロスも少ない、と、メリットがたくさんあります。住宅リフォームのニーズにもマッチします。

お申し込みから完成まで

Step1
1回目 お打合せ お客様の抱いているイメージをお伺いします。現場調査・採寸。
↓
Step2
2回目 お打合せ プランニングと概算見積りの提出。イメージのずれを修正。
↓
Step3
3回目 お打合せ 修正プランと見積書の提出。合意できればご契約。
↓
Step4
準備期間 2週間から1カ月あれば準備可能です。
↓
Step5
工事期間 規模により変動します。
↓
Step6
完成 御引き渡し・検査。

TOP PAGE