How to measureサイズの測り方・仕様について

カーテンサイズの測り方

カーテンサイズの測り方
レール幅と丈の測り方
カーテンサイズの計算方法

カーテンの仕様について

  • カーテンのフックには A フック(天付け)と B フック(正面付け)の二種類があり、レールのタイプにより使い分けます。
  • A フックはフックの上が約 1 cmで、常時レールが見えるので”見せるレール”や、カーテンボックスなどの時に用います。
  • B フックはフックの上が約 4 cmで、カーテンを閉めた時は正面からレールが見えません。
カーテンのフックの種類
 白線

オーダーカーテンでは開き方を以下のように呼んでいます。

  • 一つの窓にかけるカーテンは「両開き(二枚に分かれている)」でも「1窓」です。「カーテン二枚」とは呼びません。
  • オーダーカーテンの仕上り幅寸法は、両端のフックの間の寸法です。フック外側の脇(耳)部分(片側約 30 mm)を除いた寸法です。
 白線

ヒダの種類は倍率によって変わります。

  • プリーツカーテンの倍率は仕上り幅に対する倍率です。
  • フラットはヒダか無いので、布地の幅が仕上り幅です。レール幅に対する”ゆとり寸法”を 20%程度とる必要があります。
3つ山ヒダ

3つ山ヒダ 倍率 2.0 倍以上 ヒダ数9コ/m(ヒダ間隔約 120 mm)

2つ山ヒダ

2つ山ヒダ 倍率 1.5 倍以上 ヒダ数 7 コ/m(ヒダ間隔約 160 mm)

1つ山ヒダ

1つ山ヒダ 倍率 1.3 倍以上 ヒダ数 8 コ/m(ヒダ間隔約 140 mm)

フラット

フラット フック数 8 コ/m(フック間隔約 120 mm)

裏地付き

裏地付き
すべてのヒダ種類に対応できます。ヒダ部分と脇は縫い合わせていますが、裾は表地と裏地の収縮の違いによるツレを防ぐため、個別に仕上げています。二重のため間に空気層ができ、保温断熱性が優れています。

フラットテープ

フラットテープ
フラットカーテンはヒダがないため、フックを差すための専用テープを使用します。専用フックを約 15 ミリ間隔で差せるようになっているので、フック間隔・フック数は任意に調整できます。

シェードサイズの測り方・仕様について

シェードの取付け方は、正面付け・天井付けの二通りあります。

シェードの取付け方
 白線
シェードサイズの計算方法

TOP PAGE