Curtain Styleカーテンスタイル

 Curtain Style カーテンスタイル メインイメージ

数多くのカーテンスタイルの中から、人気のあるスタイルをご紹介しています。
インテリア・ライフスタイル・生地のイメージに合うスタイル、扱いやすさ・機能性なども考慮して、
最適なスタイル・組み合わせでお薦めしています。

ローマンシェード Roman Shade

  • カーテンの生地を使用して上下に開閉するウィンドウトリートメントは『ローマンシェード』と呼ばれています。
  • ローマンシェードのバリエーションとして、ドレープでは『プレーンシェード』『シャープシェード』がよく用いられています。
    直線的なスッキリとした印象で、カーテンと比べコンパクトに収まり、戸建てでは縦長窓・小窓に、マンションでは大きな窓によく選ばれます。
  • 『バルーンシェード』『ルースシェード』などのヒダをとったシェードは、裾のラインがきれいな曲線を描くしなやかなレース向きのスタイルです。
  • ツインシェードは一台のレールメカで前後二枚の幕を操作でき、二台付けるスペースがとれない時などに有効です。
 ツインシェード ドレープ・プレーン+レース・プレーン

ツインシェード ドレープ・プレーン + レース・プレーン

 ツインシェード ドレープ・シャープ+レース・プレーン

ツインシェード ドレープ・シャープ + レース・プレーン

 プレーンシェード エンブロイダリーレース

プレーンシェード エンブロイダリーレース

 プレーンシェード ボーダー・トリム付

プレーンシェード ボーダー・トリム付

 フラットバルーンシェード

フラットバルーンシェード

 プレーンシェード テーピング・サイドドロップ

プレーンシェード テーピング・サイドドロップ

 バルーンシェード トリム

バルーンシェード トリム

 ルースシェード

ルースシェード

様々なレギュラーカーテン Various Regular

  • レギュラーカーテン(普通の横開きカーテン)では、布倍率・ヒダ種類・裾の仕上げ以外にも様々な選択肢があります。
  • 無地系の生地やレースを上下左右にジョイントし、一つのカーテンを多色使いで組み合わせ、オリジナリティーを演出できるものもあります。
    メーカーにより『コンビネーションスタイル』『ミックススタイル』『ツートン/スリートン』などと呼び名は様々です。
  • ヒダ部分ではフラットカーテンをベースに、ハトメやタブなどを使ってカーテンレールに吊り込むタイプもあります。
 コンビネーションスタイル

上下方向に三等分したカーテン 

 コンビネーションスタイル

アンシンメトリーの組み合わせ

 コンビネーションスタイル

中段にボーダーを挟んだタイプ

 ミックススタイル

巾継ぎ部分でカラーを切り替えたカーテン

 スリートン縫製

上下にドレープを配したレース

 ツートン縫製

裾部分だけをドレープにしたレース

 タブトップ

フラットカーテン タブトップ

 ハトメスタイル

フラットカーテン ハトメスタイル

バランス Balance

  • カーテンレールを覆うように配置するウィンドウトリートメントを、一般的に “バランス” “トップトリートメント” “上飾り” と呼んでいます。
  • 様々なタイプがありますが、裾のラインが曲線を描くスワッグバランス・オーストリアンバランスなどは、クラッシック・エレガントなイメージ。
  • 裾が直線のタイプでは、立体的なヒダを取らないプリーツバランス・フラットバランスなどは、トラディショナル・フォーマルなイメージ。
    ギャザーバランスや三ツ山プリーツバランスなどはカジュアルなイメージで、プライベートルームでもよく用いられています。
 スワッグバランス

スワッグバランス 

 オーストリアンバランス

オーストリアンバランス

 クイーンアンバランス

クイーンアンバランス 施工例 : 渋谷区・Y様邸

 プリーツバランス

プリーツバランス 施工例 : 渋谷区・Y様邸

 フラットストレートバランス ボーダー付

フラットストレートバランス ボーダー付

 プリーツバランス

プリーツバランス 施工例 : 板橋区区・T様邸

 ダブルギャザーバランス

ダブルギャザーバランス 施工例 : 練馬区・S様邸

 バランス付きカーテン トリム・ボーダー付

バランス付きカーテン トリム・ボーダー付

スタイルカーテン Style Curtain

  • 一般的にレースをベースとして、フリルやトリムなどを付加したカーテンは『スタイルカーテン』と呼ばれています。
  • カーテンの脇・裾にL型にフリル・トリムを配するものを “センタークロス”、ヒダ部分を重ねると”クロスオーバー” と呼びます。
    掃出し窓等床までの丈にする場合に多く用いられ、正方形から縦長の形の窓と相性の良いスタイルです。
  • 裾だけに曲線でフリル・トリムを配したものは “スカラップ” といい、出窓・腰窓等横長の窓に向いています。
 センタークロス

センタークロス・フリル

 フリルカーテン

フリルカーテン 施工例 : 世田谷区・S様邸

 スカラップ・フリル

スカラップ・フリル

 カフェカーテン・トリム

カフェカーテン・トリム

 ロールアップシェード

ロールアップシェード

 リボンスタイルカーテン

リボンスタイルカーテン

クッション・ベッドカバー等 Etcetera

  • カーテン生地の色調・素材感をベースに、多色使いやトリミングなどを用いた凝ったクッションが増えてきました。
  • ベッド廻りでは『ベッドカバー』に加え、『ベッドランナー』(『ベッドライナー』『フットスロー』)もよく選ばれています。
クッション二色使い・トリム付

クッション二色使い・トリム付

クッション・トリム付

クッション・トリム付

クッション・トリム付

クッション・トリム付

クッション・トリム付

クッション・トリム付

クッション二色使い・トリム付

クッション二色使い・トリム付 台東区・A邸

クッション二色使い

クッション二色使い 足立区・F邸

クッション・トリム付

クッション・トリム付

クッション・トリム付

クッション・トリム付

ベッドスカート+ベッドランナー(フットスロー)

ベッドスカート + ベッドランナー(フットスロー)

ベッドカバー プレーン(裾アール付)

ベッドカバー・プレーン(裾アール付)

スタイル組み合わせ・カーテンのセッティング Style Combination & Setting

  • ドレープとレースをレギュラーカーテンで二重に掛けるのが一番一般的なウィンドウメイクです。
    レギュラーカーテンとその他のスタイル/ウィンドウトリートメントとの、組み合わせ/レイアウト/セッティングの例をご紹介しています。
  • 上下に開閉するシェードやブラインドなどとの組み合わせでは、レギュラーカーテンを室内側に、昇降するものを室外側(窓寄り)に配置すると、
    壁面と昇降するウィンドウトリートメントとの隙間が小さくなり、機能性・スペース効率的にメリットがあり、意匠的な安定感も得られます。
  • サブドレープを加えた三重にすると、より細やかな調光機能・視線コントロールを得ることができ、意匠性・セッティングにも幅が持てます。
  • レギュラーカーテンの二重掛けでも、前後の配置・セッティング・丈寸法の長短などのアレンジで、インテリアイメージが変わります。
 ドレープ・カーテン + ブラインド

ドレープ・カーテン + ウッドブラインド

 レース・カーテン + すだれシェード

レース・カーテン + すだれシェード 施工例 : 文京区・Y邸

 レース・カーテン + ドレープ・シェード

レース・カーテン + ドレープ・シェード

 ドレープ・シェード + レース・カーテン

ドレープ・シェード + レース・カーテン 施工例 : 葛飾区・M邸

 ドレープ・カーテン + サブドレープ・カーテン + レース・シェード

ドレープ・カーテン + サブドレープ・カーテン + レース・シェード

 ドレープ・カーテン + サブドレープ・シェード + レース・シェード

ドレープ・カーテン + サブドレープ・シェード + レース・シェード

 レース・ドレープ縫い合わせカーテン + レース・カーテン

レース・ドレープ縫い合わせカーテン + レース・カーテン 足立区・F邸

 フロントレース

フロントレース=レースを手前に掛るセッティング 施工例 : 港区・S邸

 ドレープ + レース + 遮熱レース

ドレープ+レース+遮熱レース 葛飾区・S邸

 100%交叉させたセッティング

レースを100%交叉させたセッティング

変化を持たせたセッティング 東京都・X邸

 丈を長くしたセッティング

丈を床までよりも長くしたセッティング

 フロントレース + 丈を長くしたセッティング

フロントレース + 丈を長くしたセッティング 施工例 : 千葉県・H邸

TOP PAGE